メインコンテンツにスキップ
日本酒造りの三段仕込みとは

日本酒造りの三段仕込みとは

·
投稿者 NishiboriTetsuya
季節の変わり目、長袖必須の時期になってまいりました。 気温が冷え込めば酒蔵としては仕込みがとてもやり易くなるため、まだ冷えないか冷えないかと待ち遠しくもあります。 日本酒は、低温の温度帯で発酵さ...
続きを読む
「ナウシカ」の問いかけ

「ナウシカ」の問いかけ

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
コロナ禍の今、多くの人が漫画版「ナウシカ」を読んでいるという噂を聞きつけ、私も読んでみました。 私は、映画の「ナウシカ」は知っていましたが、この漫画版、調べてみたら、宮崎駿監督が12年以上もの...
続きを読む
蔵癖(くらぐせ)とは

蔵癖(くらぐせ)とは

·
投稿者 NishiboriTetsuya
蔵癖(くらぐせ)とは蔵癖(くらぐせ)という言葉を、聞いたことはあるでしょうか?酒蔵は全国津々浦々に存在する酒蔵は、一つとして同じ環境のものはありません。地域によっての気象条件はもちろんのこと、建...
続きを読む
日本酒の日、日本酒で乾杯!

日本酒の日、日本酒で乾杯!

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
皆さん、知っていますか?今日、10月1日が「日本酒の日」であることを。10月になると、多くの蔵で酒造りが始まる時期だからですが、10月1日が、日本酒の日になったもう一つの理由は、十二支が関連して...
続きを読む
SAKE RE100のロゴが決定しました!

SAKE RE100のロゴが決定しました!

·
投稿者 NishiboriTetsuya
前回の記事にて一部ご紹介ありましたが、本プロジェクトのSAKE RE100ロゴが決まりました!様々な案が出る中で、ブラッシュアップを重ね、プロジェクトの想いを込めて作成してまいりました。 メイ...
続きを読む
お酒の神様、松尾大社

お酒の神様、松尾大社

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
ソフトバンクの孫会長は、石川県の金劔宮(きんけんぐう)への参拝を欠かさないといいます。また、「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助さんは、京都の石清水八幡宮が参拝先だったそうです。歴史に名を残した偉...
続きを読む
製造計画と環境

製造計画と環境

·
投稿者 NishiboriTetsuya
9月に入り、今年も残すところあと3分の1になりました。酒蔵は、今年の日本酒造りの準備にさしかかる時期です。四季醸造などを除けば、多くの酒蔵は10月前後からその年の酒造りを開始します。一般的に、日...
続きを読む
美味しいものって何だろう?

美味しいものって何だろう?

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私は、唎酒師(ききざけし)です。簡単に言うと、日本酒のソムリエです。ここ唎酒師のコラムでは、食に関する適当で柔らかいことを書かせていただいていますが、今回は、私が考える美味しいものについて話をさ...
続きを読む
己の舌で利き、味わう

己の舌で利き、味わう

·
投稿者 NishiboriTetsuya
以前、こちらの記事で夏場の酒蔵風景、「呑み切り」についてご紹介しました。夏を越すひやおろし出荷前の時期には、熟成度合いやタンクの状態を見極め、必要に応じてブレンド(調合)作業を行っていきます。必...
続きを読む
日本酒もエネルギーも地方の時代

日本酒もエネルギーも地方の時代

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私たちが使う電力が火力発電や原子力発電の大規模集中型電源から「再生可能エネルギー」に代わると、私たちの暮らしは良くなると言われています。「再生可能エネルギー」が地域で循環すれば、地域でお金が回り...
続きを読む
夏場の酒蔵「初のみきり(初呑切り)」とは

夏場の酒蔵「初のみきり(初呑切り)」とは

·
投稿者 NishiboriTetsuya
連日暑い日が続きます。このような日が来ると、もうすぐ秋が近づき次期仕込みの準備が始まるな、などと思う季節です。また、毎年6月~8月のこの季節、酒蔵ではその年初めての「のみきり(呑切り)」作業が行...
続きを読む
和食にあう日本酒(3)キャンプ飯

和食にあう日本酒(3)キャンプ飯

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私は、唎酒師(ききざけし)です。簡単に言うと、日本酒のソムリエです。「和食に合う日本酒」というテーマで書かせていただいている、3回目は、夏の定番、「キャンプ飯」を紹介させていただきます。最近は自...
続きを読む
進化する日本酒造りの世界

進化する日本酒造りの世界

·
投稿者 NishiboriTetsuya
日本には、異文化を取り入れ、独自にカスタマイズ・適応させる土壌があります。よく言われるように、ハロウィンやクリスマスを祝い、初詣では神社に参り、お寺で手を合わせ、チャペルで式を祝う、等々。ここに...
続きを読む
日本酒と哲学

日本酒と哲学

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
「環境のための日本酒(SAKE)」を造り、人と自然が共生する持続可能な環境社会の実現を目指すプロジェクト、このプロジェクトでのビジネスパートナーである六代目蔵元、西堀さんの趣味は、哲学書を読むこ...
続きを読む
世界に向けた日本酒と多様性について

世界に向けた日本酒と多様性について

·
投稿者 NishiboriTetsuya
「多様性(Diversity)」という言葉があります。昨今では、人種・言語だけでなく、価値観や文化の違いといった広範囲なものが定義されています。多様であるという事実の中で、それぞれの差異や違いを...
続きを読む
和食に合う日本酒(2)アユの塩焼き

和食に合う日本酒(2)アユの塩焼き

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私は、唎酒師(ききざけし)です。簡単に言うと、日本酒のソムリエです。和食に合う日本酒、2回目は、今が食べ頃、日本の川魚の代表である「アユの塩焼き」を紹介させていただきます。私の自宅がある宇都宮か...
続きを読む
SAKE RE100で目指すもの

SAKE RE100で目指すもの

·
投稿者 NishiboriTetsuya
産業革命以降、人類の技術躍進は、かつての資源を燃焼によって掘り起こし、CO2として現代に蘇らせてきた。加速度的進歩による生産と消費は、人類史上最も大きなエネルギー発散をもたらした。気づけばそれは...
続きを読む
和食と日本酒(1)カツオの刺身

和食と日本酒(1)カツオの刺身

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私は、唎酒師(ききざけし)です。簡単に言うと、日本酒のソムリエです。唎酒師の活躍の場は、日本酒を扱う飲食店だけでなく、酒造メーカーや酒販店など、多岐にわたりますが、お客様の好みや体調、季節などを...
続きを読む
酒造りと目に見えないもの

酒造りと目に見えないもの

·
投稿者 NishiboriTetsuya
酒造りには、「偶然性」や「ゆらぎ」の要素が含まれる。一方には、酒質として目指す方向性がありながら、他方には、実際の醸造を行いながら都度直面し続ける不確実性がある。醸造プロセスを要素分解し、最終ア...
続きを読む
私たちが支払う電気代はどこへ?

私たちが支払う電気代はどこへ?

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私たちが支払う電気代、一体どこへ行ってしまうのでしょうか?私たちは、電力会社に電気代を支払いますが、大半のお金は、化石燃料(石油や石炭)を買うために外国に出ていってしまっています。その金額は日本...
続きを読む
SAKE RE100の近況について

SAKE RE100の近況について

·
投稿者 NishiboriTetsuya
先日、RE100にも参加されている某大手企業の皆様と、SAKE RE100についてのプロジェクト進捗や構想について、情報・意見交換を行いました。実際に酒蔵(西堀酒造)まで足を運んでいただき、日本...
続きを読む
並行複醗酵からみる、相矛盾する動きの難しさ

並行複醗酵からみる、相矛盾する動きの難しさ

·
投稿者 NishiboriTetsuya
日本酒造りの特徴として、座学で勉強する際に必ず覚えるワードがあります。 それは、「並行複醗酵(へいこうふくはっこう)」という言葉です。端的に言うと、「糖化」と「発酵」が同時並行して行われますよ、...
続きを読む
口噛みノ酒

口噛みノ酒

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
むかし昔、世界に誇るSAKEは、若い女の子が噛んだお米でお酒を造っていたということ、ご存じでしょうか?唎酒師の教科書によると、日本酒造りの起源については、今から約2000年前の弥生時代の初めに伝...
続きを読む
自然に寄り添う「アニミズム的感性」とは

自然に寄り添う「アニミズム的感性」とは

·
投稿者 NishiboriTetsuya
5月も中頃となり、田植えの季節となりました。米と水、そして菌。シンプルな原料を扱う我々酒蔵にとって、この大地と自然のもと、巡り巡って生かされているということを、田植えの始まるこの時期に感じます。...
続きを読む
「贅沢2.0」の日本酒

「贅沢2.0」の日本酒

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
コロナ禍のゴールデンウィーク、自宅で過ごす家族が多かったのではないでしょうか。私も遠出の外出は無く、食べて、飲んで、読書して、寝て、トレーニングして、サウナに入って、妄想して、・・・と、かなり“...
続きを読む
法人設立のお知らせ

法人設立のお知らせ

·
投稿者 NishiboriTetsuya
いつも本サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。この度、「SAKE RE100」を事業として本格化させるべく、プロジェクト立ち上げメンバーにて、新会社を設立する運びとなりました。かねてよ...
続きを読む
「金鶴」醸造元、加藤酒造店

「金鶴」醸造元、加藤酒造店

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
以前、再生可能エネルギーの普及に向けた佐渡での取組みを紹介させていただきました。参考:佐渡でSAKE RE100この中で、佐渡には5つの酒蔵があることを紹介させていただきましたが、今回は「SAK...
続きを読む
再エネ普及に向けた日本酒

再エネ普及に向けた日本酒

·
投稿者 NishiboriTetsuya
再生可能エネルギーの普及に向けた日本酒が誕生した、最近のニュースのご紹介です。〝太陽光発電製〟の日本酒誕生 小田原の市民有志が発売再生可能エネルギー普及の一助にしようと、小田原市内の市民有志によ...
続きを読む
佐渡でSAKE RE100!

佐渡でSAKE RE100!

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
(出所:新潟県)私が携わらせていただいている仕事の一つ、「新潟県自然エネルギーの島構想」になりますが、先日、中間とりまとめを発表させていただきました。このプロジェクトは、新潟県が主導し、佐渡島と...
続きを読む
春の酒蔵、酒粕の再利用とは(粕取り焼酎)

春の酒蔵、酒粕の再利用とは(粕取り焼酎)

·
投稿者 NishiboriTetsuya
4月になりましたね。桜が見頃になってくる頃になると、酒造りが一段落する気分になってきます。通常、10月頃から3月頃までにかけての寒い期間が、日本酒の醸造シーズンになりますので、そろそろ多くの酒蔵...
続きを読む
マルクスとSAKE RE100

マルクスとSAKE RE100

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
電力会社を切り替えるということ。これは、お金の流れを変えることになります。お金の流れを変えることは、経済の循環を変えることになります。経済の循環を変え、地球に良いことをしよう!だったら、日本が世...
続きを読む
持続可能な酒造りにむけて

持続可能な酒造りにむけて

·
投稿者 NishiboriTetsuya
今、日本のものづくり産業の代表格ともいえる自動車産業に転換の時代が来ていると言われています。今脚光を浴びているEV車といえば、あのテスラ(TESLA)でしょう。車本体のみならず、同社の蓄電池技術...
続きを読む
光を使った酒造り

光を使った酒造り

·
投稿者 NishiboriTetsuya
酒造りのシーズンは、10月から3月頃までが一般的です。寒い時期しか、醸造には適さないからです。参考:「寒造り」の季節へそろそろ山場は終わり、最後のラストスパートにさしかかっている蔵も多いのではな...
続きを読む
SAKE RE100のターゲット市場

SAKE RE100のターゲット市場

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
私が、日本酒のビジネスに注力している理由のひとつは、新規の参入障壁が高いからです。酒造りするにも、酒販店をやるにも、特定の資格を持った者に権利与える、いわば許可制であるため、誰もが簡単にできるも...
続きを読む
日本酒の「飲み頃」

日本酒の「飲み頃」

·
投稿者 NishiboriTetsuya
お酒には、「飲み頃」というものがある。「今が一番美味しい!」もしそう思っても、お客様の手元に届くときには厳密には全く同じにはなるとは限らない。そこに一種の虚しさも感じてしまうものだ。だから、秋の...
続きを読む
蕎麦屋で日本酒

蕎麦屋で日本酒

·
投稿者 KashiwazakiKazuhisa
たまに一人で日本酒を飲みたくなる時がある。そんな時、必ず、思い浮かぶのが蕎麦屋だ。蕎麦屋で飲みたくなる理由は、「蕎麦屋でちょっと一杯」というのが、粋な大人への憧れであり、かっこいいと感じるからだ...
続きを読む

ショッピングカート

カートは現在空です
ショッピングを続ける
お問い合わせ頂きありがとうございます。 購読ありがとうございます 再入荷のお知らせをします The max number of items have already been added There is only one item left to add to the cart There are only [num_items] items left to add to the cart