Home2021-01-30T16:08:35+09:00

日本酒から、はじめる。

日本酒から、はじめる。

「SAKE RE100」=「日本酒」×「再生可能エネルギー100%」。
「SAKE RE100」は、「環境のための日本酒(SAKE)」を造り、
人と自然が共生する持続可能な環境社会の実現を目指すプロジェクトです。

SAKE RE100とは

新着記事

樽酒

By |2021/12/10|唎酒師コラム, 日本酒|

皆さん、お正月はどんなお酒を飲むのでしょうか? お正月になると、鏡開きの演出を一度でも目にしたことある方が多いのではないでしょうか。 そうです。私は、決まって、樽酒を楽しみます。 [...]

酒質評価の最前線

By |2021/12/03|日本酒|

当蔵にはこの時期、酒蔵見学でお客様は毎週いらっしゃいます。 蔵の中に入ったとき、「お酒の香りがしますね」と皆さんおっしゃいます。 香りを司るのは、主に酵母です。 [...]

新酒しぼりたて出荷シーズン到来

By |2021/11/19|未分類|

今季はまだまだ暖かい日も多く、朝の仕込み温度が高い日も多いため苦戦しております。 連日の酒造りも本格化し、上槽(搾り)や瓶詰めも重なり、年末にかけての出荷最盛期シーズンに突入してまいりました。 もうそろそろ新酒しぼりたての時期。 [...]

受注生産を目指す!

By |2021/11/12|事業・プロジェクト, 再生可能エネルギー|

「気候変動が人類共通の課題である」という認識を、世界の主要各国がしているということ。これは、もはや見過ごすことのできない事実です。 先週、こんな言葉を六代目蔵元から発信させていただきました。※参考「人類共通の課題と”構造”」 しかしながら、人類共通の課題とはいっても、脱炭素の課題を身近に感じることができる人は少ないのではないでしょうか。 [...]

それぞれの意志。

「環境破壊」が人間の性であるといわれればそうかもしれない。
「破壊」という発想自体が、人間中心主義的な考えかもしれない。
「技術革新」を信じ、科学の力で制御(Control)すればいいかもしれない。

有史以来、人は何物かを信じて突き進み、文明をはじめ芸術文化を築いてきた。
いま、合理性や効率性への信仰からの揺り戻しが起きている。

「合理性(ロゴス)」で突き進み、アポリア(行き詰まり)に陥った現代、「ピュシス(自然)の回復」の道を探るのも必要ではないか。
「環境」「地球」といった、最もリアルで身近なものを信じ、共生に向けて働きかけることも一つの在り方ではないか。

ここには、経済合理性を越えた、信じられるもの「自然=自分」が存在する。

現在の我々の選択と行動は、未来の人類の姿、地球の姿を内包している。
世界は、私たちの「意志」でできている。

日本酒のこと
再生可能エネルギーのこと
Go to Top