About sakeRE100

この作成者は詳細を入力していません
So far sakeRE100 has created 50 blog entries.

「贅沢2.0」の日本酒

2021-05-06T09:32:44+09:00

コロナ禍のゴールデンウィーク、自宅で過ごす家族が多かったのではないでしょうか。 私も遠出の外出は無く、食べて、飲んで、読書して、寝て、トレーニングして、サウナに入って、妄想して、・・・と、かなり“贅沢”な時間を過ごしたように感じています。 “贅沢”って何だろう? グーグル先生に伺ってみると、 [...]

「贅沢2.0」の日本酒2021-05-06T09:32:44+09:00

法人設立のお知らせ

2021-04-30T08:26:39+09:00

いつも本サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。 この度、「SAKE RE100」を事業として本格化させるべく、 プロジェクト立ち上げメンバーにて、新会社を設立する運びとなりました。 [...]

法人設立のお知らせ2021-04-30T08:26:39+09:00

「金鶴」醸造元、加藤酒造店

2021-04-25T15:57:37+09:00

以前、再生可能エネルギーの普及に向けた佐渡での取組みを紹介させていただきました。 参考:佐渡でSAKE RE100 この中で、佐渡には5つの酒蔵があることを紹介させていただきましたが、今回は「SAKE [...]

「金鶴」醸造元、加藤酒造店2021-04-25T15:57:37+09:00

再エネ普及に向けた日本酒

2021-04-16T13:03:49+09:00

再生可能エネルギーの普及に向けた日本酒が誕生した、最近のニュースのご紹介です。 〝太陽光発電製〟の日本酒誕生 小田原の市民有志が発売 再生可能エネルギー普及の一助にしようと、小田原市内の市民有志によるソーラーシェアリング(営農型発電)の田んぼで育てた米を材料にした日本酒が発売されたとのことです。 台風24号の経験を乗り越え、無事収穫されたお米が原料にされています。 [...]

再エネ普及に向けた日本酒2021-04-16T13:03:49+09:00

佐渡でSAKE RE100!

2021-04-09T11:39:09+09:00

(出所:新潟県) 私が携わらせていただいている仕事の一つ、「新潟県自然エネルギーの島構想」になりますが、先日、中間とりまとめを発表させていただきました。 このプロジェクトは、新潟県が主導し、佐渡島と粟島における再生可能エネルギーの導入拡大により持続可能な循環型社会の実現を目指すものです。 再生可能エネルギー、持続可能、循環型社会・・・地味に聞こえますが、エネルギー事業は地元産業振興と両輪で進めるもので、このプロジェクトには、再エネ関連の産業振興だけでは無く、RE100による地産品ブランディングなどで地域を活性化することも含まれているのです。 [...]

佐渡でSAKE RE100!2021-04-09T11:39:09+09:00

春の酒蔵、酒粕の再利用とは(粕取り焼酎)

2021-04-02T16:28:29+09:00

4月になりましたね。 桜が見頃になってくる頃になると、 酒造りが一段落する気分になってきます。 通常、10月頃から3月頃までにかけての寒い期間が、 [...]

春の酒蔵、酒粕の再利用とは(粕取り焼酎)2021-04-02T16:28:29+09:00

マルクスとSAKE RE100

2021-03-26T08:30:47+09:00

電力会社を切り替えるということ。 これは、お金の流れを変えることになります。 お金の流れを変えることは、経済の循環を変えることになります。 経済の循環を変え、地球に良いことをしよう! [...]

マルクスとSAKE RE1002021-03-26T08:30:47+09:00

持続可能な酒造りにむけて

2021-03-19T11:57:14+09:00

今、日本のものづくり産業の代表格ともいえる自動車産業に転換の時代が来ていると言われています。 今脚光を浴びているEV車といえば、あのテスラ(TESLA)でしょう。 車本体のみならず、同社の蓄電池技術やメガパック建設など、今後の産業の未来を予感させる動きが加速しています。 各国のCO2削減方針の表明からしても、この動きは加速すると思われます。 [...]

持続可能な酒造りにむけて2021-03-19T11:57:14+09:00

光を使った酒造り

2021-03-12T01:10:06+09:00

酒造りのシーズンは、10月から3月頃までが一般的です。 寒い時期しか、醸造には適さないからです。 参考:「寒造り」の季節へ そろそろ山場は終わり、最後のラストスパートにさしかかっている蔵も多いのではないでしょうか。 [...]

光を使った酒造り2021-03-12T01:10:06+09:00

SAKE RE100のターゲット市場

2021-03-05T09:55:38+09:00

私が、日本酒のビジネスに注力している理由のひとつは、新規の参入障壁が高いからです。 酒造りするにも、酒販店をやるにも、特定の資格を持った者に権利与える、いわば許可制であるため、誰もが簡単にできるものではないのです。 参入障壁の低いビジネスは、誰でもできますが、そこは、レッド・オーシャンです。 だからこそ、日本酒の市場は、郷に入れば、やり方次第で、伸び代が大きく、楽しめる市場だと感じているのです。 [...]

SAKE RE100のターゲット市場2021-03-05T09:55:38+09:00
Go to Top