日本酒2021-03-14T17:39:05+09:00

佐渡の地酒

By |2020/09/05|日本酒|

↑指差しているのは、佐渡の「両津火力発電所」 酒どころ新潟県。その中でも佐渡は日本酒贔屓が多い。私もその一人だ。 佐渡のエネルギー事業に携わる以上、先ずは、佐渡の酒を味わいに現場に来た。 [...]

SAKEと食

By |2020/08/22|日本酒|

日本酒がいま、新しい時代を迎えている。 注目すべきは、舞台が世界に移っていること。 出荷量はピーク時の3分の1に減っているが、輸出は9年続けて増えている。 [...]

地方の時代はSAKEの時代

By |2020/08/20|日本酒|

巷では「地方創生」「地方の時代」と言われている。 地方が見直されていることは、宇都宮に生活基盤を置く者としては「やっときたか!」の感がある。 宇都宮で生まれ育ち、大学とその後の会社勤めで、都内に暮らしたり、京都に暮らしたりもした。 [...]

エネルギーと日本酒の「地産地消」

By |2020/08/17|再生可能エネルギー, 日本酒|

従来、日本酒は郷土色豊かな飲み物であった。 日本酒の醸造責任者である杜氏は、南部杜氏、丹後杜氏、越後杜氏などと呼ばれて、日本それぞれの地域性を生かしてその土地ならではの日本酒造りが継承されてきた。 土地の水と米を使い、気候にあった創り方をし、それぞれの個性を楽しんできたのである。 [...]

世界における「日本酒造り」とは

By |2020/07/26|日本文化, 日本酒|

世界における「日本酒造り」とは SAKEと日本酒は同一ではない、というのが業界の認識である。 2015年、国税庁によって日本酒は「原材米に国内産米のみを使い、かつ、日本国内で製造された清酒」という定義がされた。 [...]

「日本酒」とはなにか

By |2020/07/26|日本文化, 日本酒|

日本酒とはなにか 永らく酒(さけ)と呼ばれてきた「日本酒」は、最近になって明確な定義が要請されてきた。 グローバル化する資本主義経済社会の中で、海外へ向けていかに日本文化を伝えるか。 [...]

「ものづくり」の射程

By |2020/06/30|日本酒|

日本酒造りを行う我々酒蔵は、「ものづくり」の産業である。 すなわち、有形のモノを商品として製造し、世の中に出荷している。 有形の「ものづくり」の大半は、物質に規定された世界の物理的構造を「変容」「加工」する活動である。 [...]

Go to Top