自然と調和した生き方

2022-01-06T18:11:16+09:00

新年あけましておめでとうございます。 昨年2021年も新型コロナウィルスによる世界的な脅威に見舞われた年でした。 そして今もなお先の見えない状況が続きますが、確実に言えることがあるのではないでしょうか。 それは、人類が自然をコントロールできないことが顕在化した今、私たちは、これまでとは異質な不確実性の下にあるということです。 [...]

自然と調和した生き方2022-01-06T18:11:16+09:00

2022年もよろしくお願いいたします

2022-01-01T16:46:29+09:00

2022年元旦となりました。 2020年のプロジェクト立ち上げから2年目に突入いたします。 昨年度は当初のロードマップに即し、下準備に専念した一年でした。 酒類分野を問わず、複数企業様とのヒアリング等も行い、法的な販売免許の取得やコンセプトデザインを進めてまいりました。 [...]

2022年もよろしくお願いいたします2022-01-01T16:46:29+09:00

受注生産を目指す!

2021-11-12T07:51:59+09:00

「気候変動が人類共通の課題である」という認識を、世界の主要各国がしているということ。これは、もはや見過ごすことのできない事実です。 先週、こんな言葉を六代目蔵元から発信させていただきました。※参考「人類共通の課題と”構造”」 しかしながら、人類共通の課題とはいっても、脱炭素の課題を身近に感じることができる人は少ないのではないでしょうか。 脱炭素の課題は、世界経済を変えるほどのインパクトがあるものです。 [...]

受注生産を目指す!2021-11-12T07:51:59+09:00

人類共通の課題と”構造”

2021-11-05T11:39:27+09:00

ようやく、観光地も賑わいを見せてきました。 地元栃木県では、連日ニュースでも日光はじめ観光名所の賑わいが特集されています。 出典:https://www.fnn.jp/articles/-/263980 紅葉狩り、温泉、食事とお酒。 [...]

人類共通の課題と”構造”2021-11-05T11:39:27+09:00

「ナウシカ」の問いかけ

2021-10-15T08:00:10+09:00

コロナ禍の今、多くの人が漫画版「ナウシカ」を読んでいるという噂を聞きつけ、私も読んでみました。 私は、映画の「ナウシカ」は知っていましたが、この漫画版、調べてみたら、宮崎駿監督が12年以上もの歳月をかけて取り組んで完成した作品だといいます。 極上のエンターテインメントであるという書評を見ましたが、私にとっては、作品の根底にあるメッセージが何かを見出すことは哲学書のように難解でした。 ただ、人と自然の関係を追究した作品であり、人と科学技術の関係、地球環境の問題、汚染の問題、戦争観、死生観など、ポストコロナでの私たちの生き方を示唆してくれる作品だということは間違いありません。 [...]

「ナウシカ」の問いかけ2021-10-15T08:00:10+09:00

SAKE RE100のロゴが決定しました!

2021-09-24T01:26:55+09:00

前回の記事にて一部ご紹介ありましたが、本プロジェクトのSAKE RE100ロゴが決まりました! 様々な案が出る中で、ブラッシュアップを重ね、プロジェクトの想いを込めて作成してまいりました。 メインに据えたのは、「エネルギー(再エネ電力)」がひと目で分かるような「電球」です。 [...]

SAKE RE100のロゴが決定しました!2021-09-24T01:26:55+09:00

お酒の神様、松尾大社

2021-09-17T08:22:02+09:00

ソフトバンクの孫会長は、石川県の金劔宮(きんけんぐう)への参拝を欠かさないといいます。 また、「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助さんは、京都の石清水八幡宮が参拝先だったそうです。 歴史に名を残した偉人や政治家、大きな功績を成し遂げた実業家など、成功者たちの多くは寺社仏閣への参拝を大切にしてきたといいます。 私は、実業家でも偉人でも無い、現在は「経営屋」を営んでいますが、電力業界で長く仕事をさせていただいていることから、電気の神様が祀られている京都嵐山の電電宮(でんでんぐう)を「マイ神社」とし、年に一度の参拝を欠かしていません。 [...]

お酒の神様、松尾大社2021-09-17T08:22:02+09:00

日本酒と哲学

2021-07-21T19:47:42+09:00

「環境のための日本酒(SAKE)」を造り、人と自然が共生する持続可能な環境社会の実現を目指すプロジェクト、このプロジェクトでのビジネスパートナーである六代目蔵元、西堀さんの趣味は、哲学書を読むことだそうだ。 私のような哲学の入門書を読んで知ったかぶりしているペテン師ではない。 彼は、東京大学の哲学科(思想文化学科哲学専修過程)卒なのです。 そんな彼に、今更ながら、「なぜ哲学を専攻したの?」と聞いてみた。 [...]

日本酒と哲学2021-07-21T19:47:42+09:00

世界に向けた日本酒と多様性について

2021-07-16T09:50:32+09:00

「多様性(Diversity)」という言葉があります。 昨今では、人種・言語だけでなく、価値観や文化の違いといった広範囲なものが定義されています。 多様であるという事実の中で、それぞれの差異や違いをお互いに尊重・理解していく姿勢こそが重要であるといわれます。 今、日本酒の輸出量は年々増加しています。 [...]

世界に向けた日本酒と多様性について2021-07-16T09:50:32+09:00

SAKE RE100で目指すもの

2021-07-02T00:59:38+09:00

産業革命以降、人類の技術躍進は、かつての資源を燃焼によって掘り起こし、CO2として現代に蘇らせてきた。 加速度的進歩による生産と消費は、人類史上最も大きなエネルギー発散をもたらした。 気づけばそれは、未だかつて無い、地球規模の環境問題として顕在化してきたことが指摘されている。 石油、石炭、LNG(液化天然ガス)。 [...]

SAKE RE100で目指すもの2021-07-02T00:59:38+09:00
Go to Top