メインコンテンツにスキップ

西堀酒造(栃木県小山市)

西堀酒造株式会社
栃木県小山市

-酒蔵概要

明治5年(1872)創業、栃木県小山市の国登録有形文化財指定の酒蔵です。

日光連山より湧き出す天然伏流水を仕込み水として、国内外の受賞歴が示す確固たる技術を基に、伝統と革新の酒造りを目指し挑戦を続けています。
代表銘柄は「門外不出」。地産地消をコンセプトとしてスタートし、現在でもその9割以上が栃木県内で消費されている地酒です。
他にも、日本で唯一のクリアタンク醸造「CLEAR BREW(クリア・ブリュー)」や、LED色光照射発酵酒「ILLUMINA(イルミナ)」など、既成概念に囚われない新たな挑戦を積極的に行っています。
公式HP:https://nishiborisyuzo.com/

-SAKE RE100での取り組み

時代と呼応した酒造りを目指す西堀酒造では、気候変動問題を21世紀の世界的な課題として受け止め、将来的には再生可能エネルギーによる醸造シフトを目指していきます。

現在、敷地内の国登録有形文化財指定の建築物を含め、築百年以上の建物が殆どであるため、

太陽光パネルを屋根に設置することはできません。
そのため、まずは既存の小売電気事業者から切り替えを行い、再エネ由来の電気調達に変更をしていきます。
さらに、醸造工程における電力の一部を可動式のソーラーパネルによる蓄電池の活用によって代替していきます。
SAKE RE100プロジェクトを通して、長期的には自家発電が可能な状態を目指していきたいと考えています。

-栃木県小山市について

小山市は、関東平野のほぼ中央でほとんど起伏がなく、市中央部に思川、東部に鬼怒川、西部に巴波川が流れています。
市街地の周辺には農地や平地林の田園環境が広がっており、コウノトリが定住・繁殖したラムサール条約湿地「渡良瀬遊水地」をはじめとする豊かな自然環境と数多くの歴史的・文化的財産を有し、農業・商業・工業のバランスがとれたまちとして発展しています。(小山市HPより)

↑酒蔵のすぐ側を流れる思川の土手沿いには、小山市の花「思川桜」の並木が連なる。

他の記事

ショッピングカート

カートは現在空です
ショッピングを続ける
お問い合わせ頂きありがとうございます。 購読ありがとうございます 再入荷のお知らせをします The max number of items have already been added There is only one item left to add to the cart There are only [num_items] items left to add to the cart