About sakeRE100

この作成者は詳細を入力していません
So far sakeRE100 has created 87 blog entries.

再生可能エネルギーが注目されるわけ

2020-08-25T16:48:35+09:00

再生可能エネルギーというものについて、昨今注目が集まっているのはご存知の方も多いのではないだろうか。 しかし、なぜ再生可能エネルギーが注目されているのだろうか。 今回、再生可能エネルギーが注目される訳を4つに整理してみた。 注目される最大の理由は、環境への配慮だ。 [...]

再生可能エネルギーが注目されるわけ2020-08-25T16:48:35+09:00

エネルギーと日本酒の「地産地消」

2020-08-25T16:48:57+09:00

従来、日本酒は郷土色豊かな飲み物であった。 日本酒の醸造責任者である杜氏は、南部杜氏、丹後杜氏、越後杜氏などと呼ばれて、日本それぞれの地域性を生かしてその土地ならではの日本酒造りが継承されてきた。 土地の水と米を使い、気候にあった創り方をし、それぞれの個性を楽しんできたのである。 そして重要なことは、日本酒の個性に合わせて、その土地に合う酒肴も育まれてきたということだ。 [...]

エネルギーと日本酒の「地産地消」2020-08-25T16:48:57+09:00

コロナ禍が教えるエネルギーの未来

2020-09-01T11:55:27+09:00

「経済は社会の基盤であり、経済の発展がなければ、豊かな社会も教育や文化の繁栄もない」ずっと疑うことはなかった。 しかし、経済が順調ならすべてがうまくいくと考えるのは単純すぎた。コロナ禍が教えてくれた。自然の力が教えてくれた。 エネルギー問題を取り上げると、高度経済成長期は、合理性ばかりを強調してきた。 いま、エネルギーを使う我々は、使うエネルギーの選択によって、さまざまな影響が社会に及ぶことを考えなくてはならない [...]

コロナ禍が教えるエネルギーの未来2020-09-01T11:55:27+09:00

世界における「日本酒造り」とは

2020-08-25T16:49:37+09:00

世界における「日本酒造り」とは SAKEと日本酒は同一ではない、というのが業界の認識である。 2015年、国税庁によって日本酒は「原材米に国内産米のみを使い、かつ、日本国内で製造された清酒」という定義がされた。 これにより、海外で造るお酒(SAKE)は基本的に「日本酒」と呼ぶことができないのが現状である。 [...]

世界における「日本酒造り」とは2020-08-25T16:49:37+09:00

「日本酒」とはなにか

2020-08-25T16:50:01+09:00

日本酒とはなにか 永らく酒(さけ)と呼ばれてきた「日本酒」は、最近になって明確な定義が要請されてきた。 グローバル化する資本主義経済社会の中で、海外へ向けていかに日本文化を伝えるか。 和食同様、漠然とした生活用語として浸透していた言葉の定義が必要となってきたのである。 [...]

「日本酒」とはなにか2020-08-25T16:50:01+09:00

「和食」とは何か

2020-08-25T16:50:53+09:00

和食とは何か 日本人ならば当然、「和食」という言葉は知っている。 しかし、明確な定義を答えることはなかなか難しいのではないか。 2013年、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された。 [...]

「和食」とは何か2020-08-25T16:50:53+09:00

「ものづくり」の射程

2020-08-25T16:50:29+09:00

日本酒造りを行う我々酒蔵は、「ものづくり」の産業である。 すなわち、有形のモノを商品として製造し、世の中に出荷している。 有形の「ものづくり」の大半は、物質に規定された世界の物理的構造を「変容」「加工」する活動である。 対して、無形の「ものづくり」とは、新たなカテゴリー・概念の創造である。 [...]

「ものづくり」の射程2020-08-25T16:50:29+09:00
Go to Top