Home2021-01-30T16:08:35+09:00

日本酒から、はじめる。

日本酒から、はじめる。

「SAKE RE100」=「日本酒」×「再生可能エネルギー100%」。
「SAKE RE100」は、「環境のための日本酒(SAKE)」を造り、
人と自然が共生する持続可能な環境社会の実現を目指すプロジェクトです。

SAKE RE100とは

新着記事

「寒造り」の季節へ

By |2020/12/11|日本酒|

来週、今冬最初の寒波が襲来するらしい。 日本酒の世界には、「寒造り」という言葉がある。 酒造りをする側としては、だんだん良い季節になってきた。 [...]

杉玉は語る

By |2020/12/04|日本文化, 日本酒|

だんだんと寒くなり、蔵も一段と酒の香りで満ちてきた。 続々と搾られる新酒の芳醇な香りは、冬の酒蔵らしさを感じさせる要素の1つだ。 新酒の時期、酒蔵で恒例の風物詩となるのが、「杉玉(すぎだま)」だ。 [...]

日本酒学(Sakeology)とは

By |2020/11/27|日本酒|

「日本酒学」という学問があることをご存じだろうか。 世界初の試みとなる「日本酒学(Sakeology)」として新潟大学で開校されている。 日本酒学とは、日本酒の歴史や、製造方法、醸造学、発酵学、地域性、日本料理との相性、経済学や、健康、マナーまで、多岐にわたる。 [...]

常識外れの酒造り?

By |2020/11/20|日本酒|

「想定外の酒」というものができたりする。 「できちゃった酒」などと揶揄されたりもする。 これは、造り手からすると、あまり良しとされるものでは無い。 [...]

熱燗の季節

By |2020/11/12|日本文化, 日本酒|

11月になり、寒くなりました。熱燗の季節、到来です。 ビールやワインなどと比較すると、日本酒ならではの楽しみ方がお燗酒。 燗をすることで、日本酒の持つ様々な要素が活性化され、香味が広がります。 [...]

それぞれの意志。

「環境破壊」が人間の性であるといわれればそうかもしれない。
「破壊」という発想自体が、人間中心主義的な考えかもしれない。
「技術革新」を信じ、科学の力で制御(Control)すればいいかもしれない。

有史以来、人は何物かを信じて突き進み、文明をはじめ芸術文化を築いてきた。
いま、合理性や効率性への信仰からの揺り戻しが起きている。

「合理性(ロゴス)」で突き進み、アポリア(行き詰まり)に陥った現代、「ピュシス(自然)の回復」の道を探るのも必要ではないか。
「環境」「地球」といった、最もリアルで身近なものを信じ、共生に向けて働きかけることも一つの在り方ではないか。

ここには、経済合理性を越えた、信じられるもの「自然=自分」が存在する。

現在の我々の選択と行動は、未来の人類の姿、地球の姿を内包している。
世界は、私たちの「意志」でできている。

日本酒のこと
再生可能エネルギーのこと
Go to Top