持続可能な酒造りにむけて

2021-03-19T11:57:14+09:00

今、日本のものづくり産業の代表格ともいえる自動車産業に転換の時代が来ていると言われています。 今脚光を浴びているEV車といえば、あのテスラ(TESLA)でしょう。 車本体のみならず、同社の蓄電池技術やメガパック建設など、今後の産業の未来を予感させる動きが加速しています。 各国のCO2削減方針の表明からしても、この動きは加速すると思われます。 [...]

持続可能な酒造りにむけて2021-03-19T11:57:14+09:00

光を使った酒造り

2021-03-12T01:10:06+09:00

酒造りのシーズンは、10月から3月頃までが一般的です。 寒い時期しか、醸造には適さないからです。 参考:「寒造り」の季節へ そろそろ山場は終わり、最後のラストスパートにさしかかっている蔵も多いのではないでしょうか。 [...]

光を使った酒造り2021-03-12T01:10:06+09:00

SAKE RE100のターゲット市場

2021-03-05T09:55:38+09:00

私が、日本酒のビジネスに注力している理由のひとつは、新規の参入障壁が高いからです。 酒造りするにも、酒販店をやるにも、特定の資格を持った者に権利与える、いわば許可制であるため、誰もが簡単にできるものではないのです。 参入障壁の低いビジネスは、誰でもできますが、そこは、レッド・オーシャンです。 だからこそ、日本酒の市場は、郷に入れば、やり方次第で、伸び代が大きく、楽しめる市場だと感じているのです。 [...]

SAKE RE100のターゲット市場2021-03-05T09:55:38+09:00

SAKE RE100が見据える時間軸

2021-01-30T16:10:17+09:00

「旦那さん」「番頭さん」といった言葉を聞いたことがあるでしょうか? 昔話などを聞いていると、よく出て来る言葉ですが、現代の日本ではピンとこない言葉だと思います。 特に、平成生まれの私にはなかなかその感覚がわかりません。 私の家業である酒造業は、もともとは近江商人の出身です。 [...]

SAKE RE100が見据える時間軸2021-01-30T16:10:17+09:00

「SAKE RE100」の活動目標

2021-01-30T16:10:11+09:00

【SAKE RE100の事業構想資料から】 「SAKE RE100」の活動を始めてまもなく1年が経つ。この間、日本酒業界、エネルギー業界の多くの方々から、活動の目標についてご質問をいただいた。活動目標を示すことは、事業やプロジェクトでは大切なことだ。 [...]

「SAKE RE100」の活動目標2021-01-30T16:10:11+09:00

SAKE RE100 元年!

2021-01-30T16:19:30+09:00

新年おめでとうございます。 コロナ禍で多くの企業が打撃を受けている。 とりわけ、飲食業界では、かつてない不確実な環境下での2021年のスタートとなった。 今後も大人数での宴会等の制限が続くことを想うと、2021年の日本酒業界も厳しい経営環境に晒されるだろう。 [...]

SAKE RE100 元年!2021-01-30T16:19:30+09:00

酒蔵の再エネシフトへむけて

2021-01-01T10:18:44+09:00

12月は酒造期・出荷のピーク時期が並行する、再繁忙期だ。 例年だと、忘年会や新年会はじめ酒の消費量は大きく増加する。 ただ、今年はコロナ禍で業界全体の消費量は落ち込んでいる。 大人数での宴会、飲み会も制限されている。 [...]

酒蔵の再エネシフトへむけて2021-01-01T10:18:44+09:00

日本酒を飲みながら、コンセントの先を考えてみよう!

2020-12-18T11:55:24+09:00

(画像:経済界 ホームページから) 温暖化対策として、あなたは何をしていますか? エコバックやマイボトルを持ち歩くことは、対策の一つだが、コンセントの先を考えることも温暖化対策なのです。 コンセントの先のこと、ほとんどの人が考えたことはないだろう。 [...]

日本酒を飲みながら、コンセントの先を考えてみよう!2020-12-18T11:55:24+09:00

「RE100」を実現する方法

2020-11-11T13:55:25+09:00

(出典:Japan-CLT) 10月26日、菅首相は所信表明演説の中で温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする目標を宣言した。 「もはや、温暖化への対応は経済成長の制約でははい」 「積極的に温暖化対策を行うことが、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要」 [...]

「RE100」を実現する方法2020-11-11T13:55:25+09:00

「電電宮」と「SAKE RE100」

2020-11-11T14:00:31+09:00

ソフトバンクの孫会長は年2回、石川県の金劔宮(きんけんぐう)への参拝を欠かさないという。「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助さんは、京都の石清水八幡宮が参拝先だったそうだ。 歴史に名を残した偉人や政治家、大きな功績を成し遂げた実業家など、成功者たちの多くは寺社仏閣への参拝を大切にしてきたという。 私は、偉人でも実業家でも無いが、ここに来ると、神様からの応援を得られるのだ。 だから、私の「マイ神社」は、ここ「電電宮」である。 [...]

「電電宮」と「SAKE RE100」2020-11-11T14:00:31+09:00
Go to Top