佐渡でSAKE RE100!

2021-04-09T11:39:09+09:00

(出所:新潟県) 私が携わらせていただいている仕事の一つ、「新潟県自然エネルギーの島構想」になりますが、先日、中間とりまとめを発表させていただきました。 このプロジェクトは、新潟県が主導し、佐渡島と粟島における再生可能エネルギーの導入拡大により持続可能な循環型社会の実現を目指すものです。 再生可能エネルギー、持続可能、循環型社会・・・地味に聞こえますが、エネルギー事業は地元産業振興と両輪で進めるもので、このプロジェクトには、再エネ関連の産業振興だけでは無く、RE100による地産品ブランディングなどで地域を活性化することも含まれているのです。 [...]

佐渡でSAKE RE100!2021-04-09T11:39:09+09:00

マルクスとSAKE RE100

2021-03-26T08:30:47+09:00

電力会社を切り替えるということ。 これは、お金の流れを変えることになります。 お金の流れを変えることは、経済の循環を変えることになります。 経済の循環を変え、地球に良いことをしよう! [...]

マルクスとSAKE RE1002021-03-26T08:30:47+09:00

持続可能な酒造りにむけて

2021-03-19T11:57:14+09:00

今、日本のものづくり産業の代表格ともいえる自動車産業に転換の時代が来ていると言われています。 今脚光を浴びているEV車といえば、あのテスラ(TESLA)でしょう。 車本体のみならず、同社の蓄電池技術やメガパック建設など、今後の産業の未来を予感させる動きが加速しています。 各国のCO2削減方針の表明からしても、この動きは加速すると思われます。 [...]

持続可能な酒造りにむけて2021-03-19T11:57:14+09:00

光を使った酒造り

2021-03-12T01:10:06+09:00

酒造りのシーズンは、10月から3月頃までが一般的です。 寒い時期しか、醸造には適さないからです。 参考:「寒造り」の季節へ そろそろ山場は終わり、最後のラストスパートにさしかかっている蔵も多いのではないでしょうか。 [...]

光を使った酒造り2021-03-12T01:10:06+09:00

SAKE RE100のターゲット市場

2021-03-05T09:55:38+09:00

私が、日本酒のビジネスに注力している理由のひとつは、新規の参入障壁が高いからです。 酒造りするにも、酒販店をやるにも、特定の資格を持った者に権利与える、いわば許可制であるため、誰もが簡単にできるものではないのです。 参入障壁の低いビジネスは、誰でもできますが、そこは、レッド・オーシャンです。 だからこそ、日本酒の市場は、郷に入れば、やり方次第で、伸び代が大きく、楽しめる市場だと感じているのです。 [...]

SAKE RE100のターゲット市場2021-03-05T09:55:38+09:00

SAKE RE100が見据える時間軸

2021-01-30T16:10:17+09:00

「旦那さん」「番頭さん」といった言葉を聞いたことがあるでしょうか? 昔話などを聞いていると、よく出て来る言葉ですが、現代の日本ではピンとこない言葉だと思います。 特に、平成生まれの私にはなかなかその感覚がわかりません。 私の家業である酒造業は、もともとは近江商人の出身です。 [...]

SAKE RE100が見据える時間軸2021-01-30T16:10:17+09:00

「SAKE RE100」の活動目標

2021-01-30T16:10:11+09:00

【SAKE RE100の事業構想資料から】 「SAKE RE100」の活動を始めてまもなく1年が経つ。この間、日本酒業界、エネルギー業界の多くの方々から、活動の目標についてご質問をいただいた。活動目標を示すことは、事業やプロジェクトでは大切なことだ。 [...]

「SAKE RE100」の活動目標2021-01-30T16:10:11+09:00
Go to Top